HOME>アーカイブ>希望する性別は産み分けがおすすめ【産み分けのコツをチェック】

希望する性別は産み分けがおすすめ【産み分けのコツをチェック】

診察

産み分けを成功させるためのコツ

特定の性別を授かるために行うのが、産み分けです。産婦人科での指導や、自宅での対策など様々な方法があり、多くの夫婦が実践しています。産み分けの成功率は100%ではありませんが、成功率を上げるためには排卵日をしっかり特定させることがコツです。病院での卵胞チェック、排卵検査薬、基礎体温を併用し、しっかりと排卵日を特定させましょう。

産み分けを行なう時に気をつけるべき注意点

お腹

そもそも妊娠率が下がることがあるのを理解する

女の子の産み分けは、男の子より難しいと言われています。排卵日の2〜3日前にタイミングを取るように言われるので、基本的な妊娠率は下がる傾向にあります。そもそも妊娠出来ないといって諦めず、根気よく続ける姿勢が大切です。

希望の性別が産まれる可能性もしっかり受け止める

産み分けの成功率は100%ではありません。努力をしても、希望の性別ではなかった場合は十分考えられます。その場合はしっかりそれを受けとめて、どちらでも大切に育てる、という覚悟をもって行うことが重要です。

クリニックの指導方針を守る

産み分けの基本となるのがタイミング指導です。女の子は排卵日の2〜3日前、男の子は当日にタイミングを取るのが望ましいので、指示された日にしっかりタイミングを取りましょう。少しでもずれると、結果が変わってしまう可能性があります。

自分で出来ることはしっかり行う

食生活の改善によって、希望の性別を授かりやすい体質にすることも可能です。産婦人科で言われたことをしっかり守りながら行うと、より成功率がアップします。女性だけでなく、男性の体質改善も大切ですので、夫婦で食生活の改善を実施するのもおすすめです。

産み分けゼリーは使用のタイミングも重要

女性の体内環境を手軽に変更できる産み分けゼリーは、産み分けの必須アイテムです。しかし、タイミングと併用することで効果があるため、ゼリーを使うなら、いつ性交しても大丈夫というわけではありません。使用時期のタイミングは、しっかりと守りましょう。

広告募集中